<   2011年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

種類いろいろ

お弁当に使うカップです。
d0187248_2252538.jpg

手前の2つはシリコンカップです。冷蔵も冷凍も電子レンジもOKなので、夜に作ったおかずを入れて冷蔵庫へ。朝にチンしてお弁当箱に入れられるので、移し替えの手間や洗い物が減って便利です。ただ、シリコンカップは柔らかいけれども底の形はある程度はっきり決まっているので、隙間を埋めようと思うと融通がききません。なので普通のアルミカップも必要になります。
左奥のカラフルなカップは娘のお弁当用。彩りに乏しいお弁当を少しでも華やかに(笑)
ちなみに、おかずの半分は冷凍食品に頼ってます。
ドンマイ。
[PR]
by moritotsuki | 2011-04-27 23:03 | 暮らし

右手の災難

お見苦しいので写真はアップしませんが、先日アイロンがけをしていて右手の甲にヤケドをしました。うっかりアイロンの縁にペタッと。母からもらっていた万能薬のおかげであまり痛みもなく済みましたが、まだ痕が残っています。
今日、勤務中に同じく右手の甲に青あざをつくりました。ぶつけて痛かった記憶はあるのですがどこにぶつけたのか覚えていません。
夕食の洗い物をしている時、魚を焼いたグリルにスポンジをかける前に、大きな汚れを取ろうと手で網をスーっと拭いました。スーっと右手人差し指が切れました。焼いた魚の破片で長さ1センチの負傷。流血ギリギリの深さでパカッと割れてます。
最近右手が特に災難です。

右手に限らず手が乾燥してひび割れたりして辛いです。炊事でも陶芸でもとにかく水仕事が多いので・・。ハンドクリームをつけてはいますが水仕事は次々あるし、メンテナンスが追いついていないのです。ドラッグストアの安価で手頃なクリームを使っていますが、効果もほどほどなので、あんまり手荒れがひどいともっとリッチなクリームが欲しくなります。せめておやすみ前の手入れだけでも。
ロクシタンのラベンダーのハンドクリームも好きですが効果はどうだっただろう・・。キールズのボディ&ハンドクリームもいいらしいのですが・・どうなんでしょう。

手が荒れてガサガサしていると器の成形時に余計な線が入ってしまいます。何より痛い!手のメンテナンスは大切です。これ以上負傷しないようにするのはもちろん、手荒れにいいハンドクリームが欲しいです。
[PR]
by moritotsuki | 2011-04-26 22:10 | つれづれ

本日の夕食

料理ベタな私が人様に出せる数少ない料理のひとつが「鶏の唐揚げ」です。
d0187248_1972494.jpg

レシピは母のもの。下味に、みりん、酒、醤油、胡麻油、おろし生姜を入れ、少し揉んで味をなじませておきます。あとは片栗粉をまぶして揚げるだけ。片栗粉は混ぜずにまぶす派です。急に思い立って作ることがほとんどなので、片栗粉をまぶす前にクッキングシートで余分な調味料を拭き取ることはしません。味が薄くなってしまうので。揚げる時には何度か箸で持ち上げて空気に触れさせます。こうすると二度揚げしたようにカラッと揚がります。前に二度揚げをしたことがあるのですが、カラッとなり過ぎた気がしたので(単に揚げ過ぎただけ?)、それ以来この方法で揚げてます。簡単ですし。
唐揚げやかぼちゃの煮物、カレーの隠し味など、母のレシピの料理は娘の食いつきもいいみたいです。ちゃんと手伝って習っておけばよかった・・。

そう言えば、以前にアイロンがけが苦手とか洗濯が嫌いとか書いたような。そのうえ料理も苦手って・・・なんとかなるもんですな(笑)
[PR]
by moritotsuki | 2011-04-25 19:20 | 食べ物

癒しとドキドキ

父からもらったたくさんの鉢植えを外に出してみました!!
d0187248_186687.jpg

これでよく目に入るし水やりもしやすいし植物にもいい環境です。

しかし、ただひとつ問題が・・・。「盗難」の心配です。
ダミーカメラをつけようか、セ〇ムのニセシールを貼ろうか(やってはいけません)と悩みましたが、結局「気をつける」ことにおさまりました。日中も外出する時や夕方からは家の奥に目立たないようにひっこめることに。もっと目立たないところで日当たりのいいところがあれば良かったのですが。
かわいい鉢植えに癒されつつ、ちゃんと数がそろっているか見る度にドキドキします。


先日畑の開墾時に言っていた便利アイテムを紹介します。
「脚立ふるい」です(笑)
d0187248_18114412.jpg

ご存じ「水曜どうでしょう」の「夏野菜スペシャル」の開墾時に土をふるいにかけていたのをどうしてもやりたくなり、金網を買って脚立につけてみました。
結構な威力を発揮!石ころだらけの我が家の畑もずいぶんサラサラになりました♪♪
[PR]
by moritotsuki | 2011-04-24 18:14 | 暮らし

宗吾郎の豆菓子

千葉県八千代市にある「宗吾郎」というお店。お豆やお煎餅のお店です。
行ったことはないのですが、千葉に住んでいる私の叔父さんが帰青時の手土産にしてくれたり節分の時期に落花生を送ってくれたりします。今年の節分の豆まきも宗吾郎の落花生でした。お煎餅もやたら美味しいのです。

前に母から、叔父さんが送ってくれた豆菓子をもらいました。それを先日、先生の両親が遊びに来た時にお茶請けに出したところ、とても気に入ってもらえて。美味しさと食べやすさをすごく褒めてくれました。
美味しい食べ物屋さんの情報などほとんど持っていない私ですので、こういう褒め方をされるとすごく嬉しくて。残りの食べさしを持たせたら喜んで貰ってくれました。昨日用事があっておウチに行ったところ、思い出してまた褒めてもらい(笑)、豆菓子の袋もとっておいて電話注文しようかと言ってくれてます。
叔父さんと母に感謝です。
[PR]
by moritotsuki | 2011-04-23 16:37 | 食べ物

一年経ちましたって♪

先生からお花をもらいました。
d0187248_22473016.jpg

明日が結婚記念日なのです。あと、娘にも一年頑張ったからって。
私と娘にプレゼントでした。

そして記念日の明日は何をするかと言うと・・・


畑仕事です♪♪
雨降らなきゃいいなっ♪♪
[PR]
by moritotsuki | 2011-04-21 22:52 | つれづれ

西から東へ

今日は仕事を休ませていただき、午後から高校のPTA総会や学年部会なるものに出席してきました。入学式の日に学級委員の一人になってしまったもので・・。仕事もあるし家は遠いし足はないしで委員活動はたぶんほとんど参加できないだろうと。ならば最初だけでもちゃんと参加しておこうと思って休暇をもらいました。
家のある西から高校のある東への移動。無事に諸々終了してホッとしています。

午前と夜には教室に参加して作業をしました。
午前中に昨日成形した器の削りを終え、夜は粘土の種類を変えて同じ形の器を成形。
毎日陶芸ができると気持ちもとても安定します。
[PR]
by moritotsuki | 2011-04-20 23:18 | その他

課題

「一点集中」の課題はこの形にしました。
d0187248_2228436.jpg

直線型のカップです。昨日から作り続けています。
左手前の片口は、ある練習をした結果小さくなってしまったので片口にして残すことにしました。
右の粘土の山は、しっぴきの練習をした結果の輪切りの粘土です。先生に言われて今までやったことのないハイスピードで粘土を切りました。毎回練習が必要のようです。

電動ロクロに向かっているとふと沈丁花の香りがします。ミヤマオダマキも蕾が大きくなってきました。
d0187248_22324797.jpg

イチョウもこんなに立派にイチョウらしく育ってます。
d0187248_2233278.jpg

[PR]
by moritotsuki | 2011-04-19 22:35 | 陶芸

開墾

昼食後にお腹を休めながら早川ユミさんが紹介されている番組を観ました。陶芸仲間さんからDVDに録画して頂いたものです。
陶芸家の小野哲平さんの奥さんのユミさんは、布作家さんです。陶芸の本で知ってから何度か著書を本屋さんで読んだことがありますが、この番組を見てもっと読んでみたいという気持ちになりました。図書館にないかな・・。

さて、一緒に番組を見ていた先生が、見終わった後に畑を開墾すると言いだしました。番組中に畑で収穫するシーンもあったからでしょうか。以前からこの土日に開墾すると言っていたので、時期が来たという感じです。二人で長靴を履いて家の裏の畑へ。

開墾前の様子です。
d0187248_18391594.jpg

一時間後・・。
d0187248_18403293.jpg

まだまだ石ころや雑草が混ざっているのでこれから綺麗にしなければ。便利アイテムを先生が用意したので後日紹介します。
[PR]
by moritotsuki | 2011-04-17 18:43 | つれづれ

名言

午後に久しぶりに陶房へ向かい作業をしました。
以前成形をした器の削りの作業だったのですが、これがずっと気重で・・。
やっとやる気になったものの、作業は上手くいきませんでした。
前に1個だけ削ったのですがそれも難しくてやっと出来たくらいで。今日も結局1個しか出来ず、あとの作品は取り掛かったものの困難続きで、残念ながらつぶしてしまいました。

生徒さんで作業がうまくいかない時に「心が折れる」と言った人がいます。これは名言です。うまくいかないときのあの落ち込みは、まさに「心が折れる」なのです。
削る器が無くなったことで、先日ブログで言った「一点集中」に取りかかることが出来ます。
基礎に戻ることでこれからもっと心が折れるはずですが、今折っておかないと今後ずっと作陶にひびいてしまうので、頑張って折っておこうと思います。

今日つぶした器は粘土に戻して、いつかまた器として生まれ変わります。
[PR]
by moritotsuki | 2011-04-16 17:48 | 陶芸