先生と私の多忙スケジュール

今日は展示会「むんつけらの会」の初日でした。

先生は早朝4時起きで本焼きの火入れ!!
どうにもこうにもこのスケジュールになってしまった窯焚きです。

いつもどおり6時起きの予定だった私は、自分の目覚まししかなかったせいか(先生は自分の目覚ましを止めて既に起床してましたから)ちょっと寝過ごし、6時10分に娘に起こされました。

娘は学校へ。
私は9時前のバスで展示会場の市民美術館へ出発。
先生は家に残って本焼き。
昼過ぎに窯の火を止めて昼食もそこそこに急いで展示会へ。

朝からひとりで会場対応していた私も、先生が到着してホッ。
会場の休憩室で昼食をとってからバスで15時過ぎに一人帰宅しました。

帰宅後すぐに作陶。
マグカップ13個に持ち手つけ。
18時に展示会を終了して先生が帰宅するまで、ずっと持ち手つけをしていました。作業遅いかも・・。
娘が帰宅するまでもう少し二人で作業を続け、晩ご飯はかっ〇寿司でした。

さて、帰宅後さらに一時間、作業を。
22時にようやく今日の仕事を終えました。

明日早朝、先生はまたひとりで起きて本焼きの窯出しをし、すぐに棚組みをして素焼きの窯を焚きます。
私はまた午前中の展示会を受け持ちます。
明日も今日と同じ動きになりそうです。

諸々の事情により窯焚きが追い込まれてしまいました。
生徒さんや体験の方の作品が気になるのはもちろん、自分たちの作業もいつになく追い込まれているような。でもそのせいか、いつになくエネルギッシュに作業している感じもあります。
手帳を一日に何度も開いてスケジュールを確認しなければ状況確認ができなくて(苦笑)
充分に睡眠をとってふんばります。
[PR]
by moritotsuki | 2012-06-22 23:26 | 陶芸