にぎる形

木カップの新作に持ち手をつけました。
にぎって持つ形です。初めての試みです。

今までは人差指一本を持ち手に入れて、親指と中指で上下を支える形を作ってきました。カーブがついたこだわりの形。
今回は「あたたかい飲み物が欲しくなる季節になる」ということで、イメージは「カップを両手で包むように持つ」です。そしたら握るタイプの持ち手が合うんじゃないかな~と思いました。

今夜、削りと持ち手つけをして乾燥に入ったカップです。
持ち手が変型しないよう、カップを少しの間ヨコに寝かせました。固いところに置くとカップ本体が変型してしまうので、乾いたタオルの上に置いています。数分で持ち手も変型しない程度に乾燥しました。
d0187248_23201874.jpg

このカップの成形から今日までの間に、飯碗の成形と削りを終えています。
カップの乾燥具合と削り作業を出来るタイミングがなかなか上手く合わなくて、先に別なモノを作ってしまったのでした。作業のタイミングが難しいです。
[PR]
by moritotsuki | 2011-09-26 23:27 | 陶芸