地震について

我が家の電気は昨日の2時半に復旧しました。

11日の地震発生時、先生と部屋におりました。今までの経験から、もっと揺れの激しいところがあるはずと感じましたが、これほどとは・・。

最初の揺れですぐに停電になりました。
余震が続く中、非常持ち出し袋からラジオ兼懐中電灯兼携帯電話充電器を取り出しましたが、乾電池を入れてもつかない・・。先生も揺れの中、キャンプ用品のラジオ兼懐中電灯と蛍光灯ランプを持ってきてくれましたが乾電池が不足しており、先生はすぐに買いに出ると言ったのを私が「怖いからもう少し待って欲しい」と止めました。幾度かの余震のあと、買いに出てもらい、部屋に残った私は金魚の水槽の空気ボンベが動かないことに気づいて焦りました。

少しして先生は乾電池と水を箱で買って帰ってきました。ラジオ等は無事につき、つかなかったラジオも接触が悪かっただけで乾電池を入れ直したらちゃんとついてくれました。

一番大変な思いをしたのは娘でした。お友達と遊びに出掛けていた先から帰宅難民になってしまったようです。地震のあとすぐに無事を確認出来ましたが、「タクシーで帰っておいで」とメールをしたのを最後にいつまでたっても帰ってこないし返事もこない。結局夕方6時近くになって戻りました。呼んだタクシーも来なく、お友達の携帯電話がお父さんとつながって迎えにきてもらえたとのこと。ホッとしました。

我が家はIHクッキングヒーターです。停電で使えないためカセットコンロで過ごしました。石油ストーブも借りることができ、水道も使えたのでたいした不便もありませんでした。高校生の頃に台風19号の停電を経験しているので、あきらめも早かったです。

2日目、早めに買い物に出ました。
コンビニやスーパーの店員さんに心よりお礼申し上げます。私服でお店を開いてくれ、適切な対応をして頂いたと感じております。
午後に電気が通った時には金魚の水槽のボンベが動いて安心しました。

昨日ようやくテレビを見ることができ、想像を超えた被害の大きさに茫然としております。
今日になって初めてパソコンを開きましたが節電は必要です。しばらくブログもお休みしたいと思います。みなさん、今後もお気をつけてお過ごし下さい。
[PR]
by moritotsuki | 2011-03-13 14:04 | その他